2004年12月02日

存在の理由を考えてみる

こちらにも書かれている通り、 人間の存在とは悪玉コレステロールというところである。

更に個人的な意見を付け加えさせて頂けるとすれば、宇宙が生命体であるとすると、 地球等の惑星はせいぜい細胞核程度と考えられ、宇宙空間は細胞質、大気圏はおおよそ核膜といったところである。この場合には、 地球に存在する我々人間各々は、デオキシリボ核酸(DNA)であるといえる。
つまり我々は、我々が認識しているこの世界ではかなりちっぽけな存在であるということになるが、逆に人間が生命体であるとするると、 我々自身が宇宙であるともいえ、我々の中にも上述のような宇宙が内包されていることになる。我々の内なる宇宙には、 更に生命体が存在しその生命体の中にも宇宙が存在し・・・・、となりつまりココに無限が完成される。

我々が宇宙であるならば、詰まるところ、 宇宙に存在するブラックホールは我々のおしりの

って、本当に申し訳ない。締めまでこちらを真似させていただいちゃいました。本当にごめんなさい。

posted by ともぱぱ at 17:43| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 理由を考えてみる | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。しりきれおたまじゃくしと申します。
このたびはトラックバックありがとうございました。

僕がうまく説明できないことを、ともぱぱさんにうまいこと説明して頂いて感謝しております。
将来「ブラックホールはおしりの」という本でも出そうかと考えています。
うそです。
それではまた遊びにきます〜。
Posted by しりきれおたまじゃくし at 2004年12月06日 15:49
どうも、はじめまして。
すいません、パクっちゃいまして。

僕が書いてみたいなぁとぼんやりと思っていたことを、
しりきれおたまじゃくしさんが端的で且つウィットに富んだ表現で書かれていただので、つい・・・。

それにしても「しりきれおたまじゃくし」さんというHNは、なんとも尻オタさんと約したくなるHNですね。
Posted by ともぱぱ at 2004年12月07日 22:49
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。